周辺情報 ~種子島おすすめスポット~

世界一美しいロケット発射場

「JAXA種子島宇宙センター」
1969年設立、総面積970万m2(東京ドーム207個分)という日本最大のロケット発射場です。 センター内の各設備で、人工衛星の最終チェック・搭載、ロケットの組み立て・整備・点検・打ち上げ・ロケットの追跡まで、日本の宇宙開発の中心的役割を担っています。
宇宙科学技術館では、大迫力の「ロケット打ち上げ
シアター」、国際宇宙ステーション計画の一翼を担う「きぼう」の実物大モデルの見学、天体・惑星・地球
観測など さまざまな分野について、楽しみながら
学べる施設となっています。

各種イベントや施設内のことは、「JAXA種子島宇宙
センター」ホームページにて、お調べください。 http://www.jaxa.jp/about/centers/tnsc/

千座の岩屋(ちくらのいわや)

海に面した海蝕洞窟で、自然の創り上げた造形美です。島で最も美しい浜田海岸一帯にあり、中は迷路のようですが、広がったところは天然のホール。
「1000人が座れる」、「畳千畳」といわれたのが
名前の由来となっているようです。
洞窟内から見た青い海や空、岩礁がビューポイント
なので、干潮の前後2時間に訪れるのがベストです
(満潮時は入れません)。

門倉・前之浜自然公園

種子島最南端の門倉岬は、
鉄砲伝来の地といわれています。
岬の東側は、宇宙センターまで9kmに渡る砂浜、
西側からは屋久島が見渡せる景勝地です。
前之浜は特に“七色の海岸”と呼ばれ、海、白い砂浜、緑の保安林、金色の稲穂、菜の花など、季節ごとに
または1日に7回、彩りが変化するといわれています。

油久げんき村

地区の主婦が立ち上げた「ふるさとショップ」。
地元の野菜、手作りのお惣菜、そして自家製パン♪
あんパンとカレーパンの2種類だそうですが、
限定30食と聞くとチャレンジしたくなりますね。

鹿児島で楽しむのはビーチだけではない。 種子島リゾートに滞在中には、数多くの観光名所を訪れることができます。 旅行日程にリゾートの近くにある有名なスポットを含めて、休暇を最大限に活用しましょう。 その中には、次のような場所があります

JAXA 種子島宇宙センター

1964 年に設立された JAXA 種子島宇宙センターは、日本最大のロケット発射場で、総面積は 97 万平方メートルで、東京ドーム 207 台に相当します。 センター内の各施設は、衛星の最終的な確認・設置からロケットの組み立て、保守・点検、打ち上げ、ロケットの追跡まで、日本の宇宙開発において中心的な役割を果たしています。

宇宙科学技術博物館では、強力なロケット発射台などのさまざまな分野について学び、国際宇宙ステーション計画の重要な一部である「きぼう」の本格モデルを体験することができます。 また、地球観測館では、宇宙から地球を見ることができます。 宇宙センターでは、天体や惑星などの宇宙関連施設を検索できます。

世界で最も美しいロケット発射場のようなものはないので、鹿児島の休暇旅行日程に JAXA 種子島宇宙センターを加えることを忘れないでください。

千倉洞窟「千席の洞窟」

種子島のイースター海岸にあるチクラ洞窟は、太平洋からの荒い波によって自然に形成された大きな石窟です。 この洞窟は、「千席の洞窟」と呼ばれています。洞窟が非常に大きく、 1000 人が中に座ることができると考えられているからです。

洞窟は島で最も美しい浜田海岸にあります。 洞窟の中では迷路のような様子が見られます。 自然にできた穴は、何千年もかけて岩に打ち砕ける波を貫通しています。 この人気の観光スポットを訪れ、洞窟内に形成された青い空、青い海、岩礁の壮大な景色を見ることができる景色をご覧ください。 洞窟は、干潮の前後 2 時間で訪れるのが一番です。そのため、最も美しい洞窟を見ることができます。

門倉岬と自然公園

種子島南端の角倉岬を訪れます。 ポルトガルのトレーダーが日本に初めて到着した地点を見下ろし、その国に銃を導入した。 この歴史的な瞬間から、日本の兵器開発の進歩につながったため、銃の地として知られています。

ケープの東側は、海岸沿いに広がる 9 キロメートルの砂浜が宇宙センターに広がる美しい風景のスポットです。 屋久島海浜の西側は、海、白砂のビーチ、緑の保護林など、四季を通じて、あるいは 1 日 7 回、色が変わることから、特に「南平海岸」と呼ばれています。